カテゴリー  LIVE CIRCUIT

2018/10/7
CAFE JAZZ CIRCUIT 2018

ジャズサーキット_rogo_ol-01


ARK HiLLS CAFE:JAZZ FESTIVALが今年は装い新たに、
より親しみやすい形でCAFE JAZZ CIRCUITとして今年は開催!!

カフェのフィルターを通したジャズ『CAFE:JAZZ』をキーワードに
カフェの空間に親和性のある雰囲気を持った
現在進行形の感のある様々なアーティストのパフォーマンス
心躍る時間と空間をライブを通して演出します。

恒例のカラヤン広場のポップアップステージは
今年はMUSIC WEEKのフィナーレコンサートでCAFE JAZZ CIRCUITコンサートを開催。

logoCafeJazzCircuit

【日時】
2018年10月7日(日) Open 11:00 – 16:30 @ARK HiLLS CAFE

【MUSIC CHARGE】
投げ銭制(Tipping)

【 出演 】
“対話TAIWA” / V&B(須田晶子&安田幸司) / m.s.t. / Le Grand Retour(中園亜美・竹田麻里絵)

logo2

【日時】
2018年10月13日(土) Start 12:30 – 15:00 @カラヤン広場

【MUSIC CHARGE】
観覧無料

【 出演 】
栗林すみれトリオ / 前田智洋×斎藤渉

CafeJazzFes_Line

【 Music Charge 】
投げ銭制(Tipping)
※ ARK HiLLS CAFEはカフェダイニングになりますので、
1ドリンク1フード以上のご注文をお願いします。
※ 混み合いました場合は相席をお願いする場合もございます。
予めご了承ください。

毎週様々なライブを開催しています。
ぜひイベントページをご覧下さい。
https://ws-company.jp/event/

【予約】
● E-mailによるご予約・お問い合せ
下記アドレスの★を@に変更し、必要事項を明記の上、お申し込みください。
[ cafejazz★arkhillscafe.com ]

1.件名 : 10/7 CAFE JAZZ CIRCUIT予約
2.お名前(代表者のフルネームをカタカナ表記を添えて)
3.お電話番号(当日ご連絡のつく番号をお願いします)
4.ご予約人数、またはお問い合せ内容。
5.目当てのアーティスト、もしくはどの告知で当イベントを知りましたか?
※ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。
メール受信設定などでドメイン指定をされている方は、ご確認をお願い致します。
確認次第、随時お席は押さえさせて頂きますが、基本的には当店からの折り返しのメール
にてご予約の完了となります。
※また店舗業務の状況により、返信に日数を要する場合がままございます。
予めご了承ください。
※ お席に限りがあるため予約キャンセルの場合は必ずご連絡を頂くようお願いいたします。
当日キャンセルの場合はキャンセル料チャージ全額分をご請求させて頂くことがございます。

CafeJazzFes_Line

Main Supported by

ARK_Access

CafeJazzFes_Line

◎ “対話TAIWA”
渡邊恭一(Sax,Cl) 加治雄太(Gt)
https://www.facebook.com/taiwaimakoso/

sax&clarinet渡邊恭一、guitar加治雄太、以上2名による対話。ホットジャズをテーマに、スイング、デキシーランド、ニューオリンズ、ムード、朗読、フリーインプロヴィゼーション、と大いに語る。2018年1月JAMCOVER協賛で発売した音源付きZINE、2月ぐらもくらぶとのコラボレーションが、それぞれ話題を呼ぶ。
Taiwa

CafeJazzFes_Line

◎ V&B
須田晶子(Vo) 安田幸司(B)
http://akikosuda.wixsite.com/mysite/

声とベースだけで音を奏でるユニットV&B。それぞれの培ってきた技術と経験をフルに生かし、そして長年一緒に演奏してきた信頼感が作る一つのサウンドは音と共に豊かな感情を乗せて聴く人の心に届きます。色んな角度からこのユニットが生きる楽曲をお送りします。

(須田晶子)
中学時に洋楽に魅力を感じ、2003年、洗足学園音楽大学Jazz科Vocalコースに入学。平田康子、Dana Hanchard、ギラ・ジルカの各氏に師事。洗足学園大学を首席で卒業。2009年春からしっかり英語を身につけるため渡米。New Yorkで語学を学びながらBaba Raymondの専属バックグラウンドボーカル、Manhattanのライブハウス、レストランなどで演奏する傍ら、レコーディングアーティストとしても音楽活動を行う。2012年春、奨学オーディションに受かりカリフォルニアにあるLA Music Academyに奨学生として入学。Sara Gazarek、Tierney Sutton、Anthony Inzalacoの授業やレッスンを受ける。帰国後、都内や横浜を中心にライブを行っている。2016年10月、diskunionより自身の初リーダーアルバム『Flowers On The Hill』をリリース。このアルバムが雑誌ジャズ批評にて2016年オーディオディスクアワードvocal部門で日本人唯一の7位にノミネートされる。
38725306_1122021041278265_7313291692528893952_n

(安田幸司)
1976年11月3日生まれ。千葉大学入学と同時にベースをはじめる。山下弘治氏に師事。在学中からいろいろなセッションを重ね卒業後本格的に活動を始める。強いビート感とサウンドを支えるプレイが好評。現在、川嶋哲郎ts、田窪寛之pf、安藤正則ds、福冨博g、須田晶子vo、佐藤恭子リトルオーケストラなどのグループや、中塚武のプロジェクトなど、幅広くライブやレコーディングなど活動中。
38712054_305069963371565_5107942371056680960_n

CafeJazzFes_Line

◎ m.s.t.
持山翔子(P) 小山尚希(B) サポートメンバー:工藤明(Ds)
https://wmg.jp/artist/mst/

ピアニスト持山翔子とベース小山尚希とのユニット【m.s.t.】エムエスティー(Make the Scenery Tune~景色に音を~)ジャズやクラシックをベースに、ピアノトリオとして2011年から本格活動開始。日常の小さな出来事をテーマにしたオリジナル曲たちは、叙景的かつスリリングな展開で観客の共感を得ている。その他ジャズスタンダードや映画音楽などを独自のアレンジで演奏。トリオにこだわらず、毎回ゲストメンバーを迎えて様々な編成でLiveを行なっている。2017年ワーナーミュージックよりタワーレコード限定ミニアルバムを2枚発売。
mst

CafeJazzFes_Line

◎ Le Grand Retour
中園亜美(Sax) 竹田麻里絵(Key)
http://aminamusiq.tumblr.com/

(中園亜美)
1986年鹿児島市吉野町出身、福岡第一高等学校音楽科卒業。 洗足学園音楽大学Jazz科からBerklee音楽大学へ編入。 サックスをWalter Beasleyらに師事。2009年卒業後、NewYorkを拠点にアメリカ、ヨーロッパで サポートミュージシャンとして活動。 2014年より東京に拠点を移し、ソロとしての活動を本格的にスタートさせる。 2015年10月サウンドプロデューサーに安部潤を迎えVEGAミュージックエンターテイメントよりアルバム「Make It Happen!」を発売。タイのHitman Jazzからも同時リリースを行い、同年バンコクやチェンマイとジャズフェスへも参加する。2016年8月には世界配信シングル「She’s Home」と「World Connection」をリリース。2017年4月米・ワシントンDCにある老舗ジャズクラブBlues Alleyでの単独ライブを成功させる。2018年4月にスペースシャワーミュージックよりセカンドアルバム”The Real”をリリースしたばかりだ。クラシックのバックグラウンドと本場アメリカNYで磨いたセンスの二つを持ち合わせソプラノサックスをメインとした次世代を担うサックスプレイヤーの1人として日本のみならず世界中で活動中。

AmiNakazono
(竹田麻里絵)
札幌出身。3歳よりピアノを弾き始める。ヤマハ音楽教室の専門コースで奏法、作曲、楽典、聴音を学ぶ。ジュニアオリジナルコンサートに出場、ピティナピアノコンペティション北海道大会本選まで進み入賞。12歳より札幌コンセルヴァトワールで山下聡氏に師事。高校でジャズに興味を持ち、洗足学園音楽大学ジャズコースに入学。在学中は中村誠一氏、元岡一英氏、野本晴美氏に師事。卒業後すぐボストンに短期留学しGeorge W. Russell Jr.氏に学ぶ。現在はジャンルを問わず、都内、神奈川を中心に活動中。
40464209_1938441976223542_2722625969897603072_n

CafeJazzFes_Line

【10月13日出演】
◎ 栗林すみれTRIO
栗林すみれ(P) 金澤英明(B) 岡部洋一(Perc)
http://sumirekuribayashi.tumblr.com/

埼玉県立芸術総合高等学校音楽科卒業、 尚美学園大学芸術情報学部音楽表現学科 ジャズ&ポップスコース卒業。寺井尚子、土岐麻子、中西俊博、日野皓正、マリーン、峰厚介、山田穣、安ヵ川大樹、stan gilbertをはじめ、多くの著名ミュージシャンと共演。2014年5月ブルーノートトーキョーに初出演。同年7月には大西順子、松永貴志等をプロデュースした行方均氏のプロデュースでディスクユニオンの新レーベル サムシンクールから初のリーダーアルバム”TOYS”を発表。多くのメディアに取り上げられ、2014年度ジャズライフディスクグランプリニュースター賞を受賞する。 2015年10月にはセカンドアルバムもリリース。先人への敬意と幅広い音楽性の融合から紡ぎだされるオリジナル曲とインプロヴィゼーションは新たな世界を切り開きながらも心地よく、多くの聴衆の心を掴む。
SumireKuribayashi

CafeJazzFes_Line

【10月13日出演】
◎ 前田智洋 x 斎藤渉
前田智洋(Gt) 斎藤渉(P)
https://www.tomohiromaeda.com/

(前田智洋)
ギタリスト。 作編曲家。自己のバンド、”Tomohiro Maeda Paris Connexion” 、”Et Vie Danse” 、”Loop City Project”をはじめ、”A Slice OfLife”、”Cas.G.B”、”Michina & Tomo”、”Nightingales”、”Sugami” 等数多くのバンドに参加。ミ・ベモル・サクソフォン・アンサンブル等へのアレンジも手がける。これらのグループでフランス、日本をはじめ、ヨーロッパやアジア、各国にてツアーを行う。またパリ・イッシー・レ・ムリノーでの4万人規模のコンサート、パリ・オランピア劇場、リール・ゼニット等数々の有名ホール、ニース、アミアン、サン・モール、サン・レミ・レ・シュブルーズをはじめとする各地のフェスティバルに参加。メディアにも多数出演している。また数々のレコーディングにも参加。自身のアルバムとしても、” Life”、” Loop City” 、”Free Colors”、”To The East” を発表している。8年間のパリでの活動後、2013年活動の拠点を東京に移す。オリジナリティ溢れる演奏と多くの色彩感をもつ楽曲は各地で高い評価を得ている。

(斎藤渉)
湘南出身、在住のピアニスト。昭和音楽大学短期大学部ポピュラー音楽コース卒業。在学中より東京ディズニーシーアトモスフィアショーでのキーボーディストを務める。その後は”HYATT REGENCY 箱根 RESORT&SPA”のレギュラーピアニストを務める傍ら、自身のライブをはじめ、ジャンルを問わず様々なアーティストのライブ、レコーディング、セッション等に参加。独特の世界観から発する繊細かつ大胆なプレイには定評がある。2016年、自身の1st Album”Cyndi”をリリース。
前田智洋x斎藤渉

CafeJazzFes_Line

【 主催 】
(株)ダブリューズ・カンパニー
http://ws-company.jp/

============================
〈取材関係者様からのお問合せ先〉
企画制作プロデューサー 稲垣勉 inagaki@ws-company.jp
============================

ARK HiLLS CAFE
〒106-0032
東京都港区六本木1-3-40
TEL03-6229-2666
http://www.arkhillscafe.com/

ARK information

コメントは受け付けていません。