カテゴリー  LIVE CIRCUIT

2018/4/3
Rachel Fukushima × Keiko Yoshimura & Takaaki Ohnishi ★LIVE CIRCUIT★

0403

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Open 19:00/Start 19:30

【 ジャンル 】
Bossa Nova/Brazilian/Jazz/New Age

【 出演 】
★ Rachel Fukushima
★ Keiko Yoshimura & Takaaki Ohnishi

【 Music Charge 】
投げ銭制(Tipping)
※ ARK HiLLS CAFEはカフェダイニングになりますので、
1ドリンク1フード以上のご注文をお願いします。
※ 混み合いました場合は相席をお願いする場合もございます。
予めご了承ください。

毎週様々なライブを開催しています。
ぜひイベントページをご覧下さい。
https://ws-company.jp/event/

【予約】
ARK HiLLS CAFE
● E-mailによるご予約・お問い合せ
以下メールアドレスの★を@に変更し、必要事項を明記の上、お申し込みください。
[ reserve@arkhillscafe.com ]

1.件名 : ○○月○○日 公演者名/お目当てのアーティスト
2.お名前(代表者のフルネームをカタカナ表記を添えて)
3.お電話番号(当日ご連絡のつく番号をお願いします)
4.ご予約人数、またはお問い合せ内容。
5.遅れる場合はご来店予定時間

※ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。メール受信設定などでドメイン指定をされている方は、ご確認をお願い致します。確認次第、随時お席は押さえさせて頂きますが、基本的には当店からの折り返しのメールにてご予約の完了となります。
※また店舗業務の状況により、返信に日数を要する場合がままございます。
予めご了承ください。
※ お席に限りがあるため予約キャンセルの場合は必ずご連絡を頂くようお願いいたします。当日キャンセルの場合はキャンセル料チャージ全額分をご請求させて頂くことがございます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

★ Rachel Fukushima
Rachel Fukushima(Vo,Gt) 永田ジョージ(P)

https://www.rachelfukushima.com/

◎ Rachel Fukushima → 18歳で単身渡米。ロサンゼルスの青空の下で培ったアコースティックサウンドと、その場を包み込むとろける歌声。現在東京を拠点に、海外を定期的に旅し感性を磨く。その歌声は海外でも注目を集め、現地ミュージシャンとのセッション・共同制作などで積極的に海外での活動の幅を広げている。国内では2016年にカフェミュージックを代表するユニット・羊毛とおはなのギタリスト市川和則監修にて楽曲「Colorful」を発表。2017年には上新功祐プロデュースのJPOPカバーアルバム「東京ウタモノ」で全国展開の作品への参加。これらの作品で更にカフェミュージックの世界観が定着した。また、自身がこよなく愛する「香り」をテーマに、香りのごとく優しくも存在感のあるサウンド「フレグランス・ミュージック」を追及。実際に香りと音楽を五感で味わえる空間を作るプロジェクト”R Cafe”を、アロマデザイナー齋藤智子とスタートする。ゲストにジャズピアニスト永田ジョージを迎え、2017年9月に第1回開催、盛況に終わる。今後も定期開催を計画中。2018年2月、旅をテーマにしたアルバム「a Suitcase of Dreams」をリリース予定。

RachelFukushima

◎ 永田ジョージ → 1976年フロリダ州で生まれ、日本・英国・米国の3カ国で過ごし18歳で帰国。クラシックピアノを4歳から始め、大学からジャズピアニストとしての演奏活動を開始。卒業後は外資系IT企業で務めながらライブを継続。数多くのミュージシャンに影響を受け、敬愛するオスカー・ピーターソンおよびベニー・グリーンに倣い、心地よいグルーヴ感とリリカルなフレージングをモットーとするようになる。2012年6月に独立。独自の切り口でのジャズ&ブラジリアンをベースとしたアルバムをリリースしつつ、ライブペインティング、華道、演劇、舞踊等音楽以外の表現者とも積極的にコラボレーションを行う。2016年11月、インストバンド「いちむじん」のピアニストとしてキングレコードから40歳のメジャーデビュー。近頃はアメリカに加えてスイス、デンマーク、フランス、マレーシア、インドネシアを旅し、世界各国で観たノスタルジックな風景、波乗りを通じて感じる自然の心地よさを音に取り入れる。

GeorgeNagata

★ Keiko
Keiko Yoshimura(Vo) Takaaki Ohnishi(Gt)
https://www.keiko-yoshimura.com/
https://twitter.com/takaviolao/
http://www.laranja-world.com/

◎ Keiko Yoshimura
熊本県出身のシンガーソングライター / ボサノバヴォーカル。曽祖父母はブラジル移民1世。7歳から13年間クラシックバレエを習い、上京後アパレル企画職を経て、独学でボサノバを学び音楽活動をスタートする。2006年イタリアIRMAレーベルより初リリース。2008年から2年間のドバイ生活中にソロ活動を開始し、帰国後はNYハウス界の重鎮 Eric Kupperはじめ海外や国内の音楽家と共にオリジナル楽曲のリリースを重ねる。また大使館、寺院、ホテル、レストラン、カフェ、バー等で演奏活動を展開し、2017年にはブラジルツアーを達成。移民110周年の2018年7月、サンパウロで開催される世界最大規模の日本文化紹介イベントFestival do Japão(フェスティバルドジャポン)にギタリストTakaaki Ohnishi と出演予定。

KeikoYoshimura

◎ Takaaki Ohnishi
10代からロック/ポップス/R&B/ジャズなど数々のアーティストのライヴサポートやセッションを行う。1997~2002年にクラブミュージックユニット【Bayaka】にギタリスト/コンポーザー/アレンジャーとして参加し、国内外のレーベルから作品をリリース。2003~2005年、半野喜弘のプロジェクトにてUAや細野晴臣をフィーチャーした作品に参加する。2005年以降、ブラジル音楽を核としたアコースティック編成にて、首都圏近郊のライヴスポット、ホテル、レストランを始め、ブラジル関連イベント等、様々なライヴ活動を展開する。2013年にはピエール・バルーのイベントにギタリストとして共演し、2016年、インターネット番組DOMMUNE(ドミューン)にて再度共演、演奏がライヴ配信される。また、同時期から自身の声とギターによるソロパフォーマンスも開始。2017年秋、エヴァ・ペロンを題材にした舞台『ラストダンス—ブエノスアイレスで。』(脚本・演出;石丸さち子/主演;水夏希)にて、バンドネオン奏者・渡辺公章とともに劇中のタンゴ曲の生演奏を担当。

takaviolao2013

ARK HiLLS CAFE
〒106-0032
東京都港区六本木1-3-40
アークヒルズ カラヤン広場 スペイン坂入口
TEL03-6229-2666
ARK HiLLS CAFE

ARK information

コメントは受け付けていません。